自宅サーバ

今年に入って、自宅サーバの建立(「立ち上げる」っつうコトバがなんかイヤなので
「こんりゅう」で!)しようと、いろいろwebで調べて回ってます。
オバタの場合、MacOSXを古ーいサブマシンにのっけて、unixの知識をつけながら
自宅サーバ建立を目指してるので、とろとろとやってるわけですが、今のご時世、
webサーバやらFTPサーバなんぞは3分で建立出来ちゃいます(ノД`)。
一昔まえならunixの呪文やらなんやら打ち込んで「これでどやっ!」とかモニタの前で
言ってたのでしょうが、完成度の高いOSだと、こうもあっさりなのね〜と思う次第。
とはいえ、メールサーバをunixシステムにて「建立」となると、ここらへんがまだまだ
奥が深〜いようです。というのも、自分のシステムだけでなくて、ネットワークシステム
自体の理解が必要なようで。
オバタ自身、以前は企業向けコンピュータ売りをしてたので、多少なりともネットワーク
知識やらコトバの概念は知ってるつもりだったわけですが、知ってるのと使うのとでは
また違う話。このあたり、勉強が必要なようですが、それはそれでまた楽しそうであります。
ああ、なんかネットワーク系の入門書でえーのないかしらん!

続きを読む 自宅サーバ

今年の目標

・・・って、もはや20日も目前のいまごろ発表するのもなんですが、一応公言
しておきたい主義なので、今年もオバタの目標、発表です!
オバタの今年の目標 は「ワンランク上」!
昨年の目標であるところの「いそがしいフリをする」は、関係者の皆さまのおかげで
ほぼ達成されましたので、今年はそこからさらによいシゴトをすべく、「ワンランク上」を
目指そうっていう魂胆です。
つーことはもちろん「いそがしいフリ」もワンランク上のものにしたいわけで、今年も
いろいろ新しいことやりたいですねー。そうそう、賞なんぞバカバカ取るってのもええ
ですな。よし、それも「ワンランク上」で〜。

続きを読む 今年の目標

猫眠気

050106c.jpg
最近朝が遅いオバタです。
もう時間が許すかぎり、愛猫チビとベッドで寝てます。冬の寒い朝に暖かい
布団ってのは魔物ですな。起きようとする意志すら奪われます。
おまけにチビの寝顔がまたイィ顔してるんだわさ。それ見たら安心してしまって
再びねむねむワールドへ・・・
「あぁ、今日は遅出の仕事でよかった」などと思う今日この頃です。

続きを読む 猫眠気

CD PケースOPカバー

image4.jpg
なんじゃコリャ?とお思いの大兄も多いことでしょう。説明しますと、これ、
CDなんぞについてるビニールケースです。
自分でCDのパッケージなんぞ作ってますと、やっぱりより良いものが作り
たくなるわけですね。
で、最終的にはパッケージのフィニッシュとして、こういったビニールカバーも
導入して「売りモン」にしていくワケです。これが中々奥が深い!
たとえばこういったカバー、フタ部分を後ろで何度でも貼り剥がし出来る
シールがついてたりするわけですが、これがちゃんとカバー本体側について
いるのが良かったりします。
安物だと、このシールがフタ側についていて、ヘタするとジャケットの紙部分に
貼り付いて、ビニールカバー自体はおろか、ジャケ自体も破けてしまったりする
のですよ。
これがシールがビニールカバー本体側に付いていると、そういった危険性が
ぐぐっと減るわけです。同じ面積のシールでも、その設置位置で後の影響が
大違いなんですわ。
これも実際CDのパッケージを作ってみて分かったこと。ちなみにオバタのイチ
押しは上記の「ナガオカ CD PケースOPカバー」。20枚で189円とお手ごろです。

復活デジタルホ〜ン!

dhorn.jpg
最近ふたたび音楽を始めたオバタ。実はヒミツに隠し持ってた楽器があります。
それが上記のカシオデジタルホーン!!
いやいや、こんなオバカな楽器珍しいでしょ?多分オバタのクルマやバイクを
知ってる皆さまは「やっぱりな〜」なんて顔してらっしゃるでしょうね〜。ハイハイ、
あたくし、こういったバカアイテムがたまらなくスキです(キッパリ)。
実はこれ、オバタが大学時代に購入したもの。まぁ、デジタルバカグッズ好きは
今に始まったことではないっつーことですな。ぐはははは(開き直り)。
とはいうものの、このデジタルホーンなかなかすぐれ物。なにせその当時10万
以上していた「縦笛系デジタル楽器」隆盛の中、2万弱で販売されていたのだ!
さっすが、「デジタルぅ〜は〜、カッシオっ!(by山口百恵)」です。
で、購入後5年目くらいで、いきなりの故障!どのキーを押しても「ピギャーっ!」と
叫ぶ有り様で、その後かなーり長い間放置プレイ!昨年末の大掃除で押し入れから
引っ張り出して「直るかな?」と思ってインターネットを調べたら・・・直し方出てました!!
原因は、かの悪名高きAirMacと同じく電解コンデンサの膨張破裂。調べた通りの
コンデンサを日本橋で購入して入れ替えたらゴキゲンに復活!!すげーっ!
てなわけで、今年はちょいとコイツを練習して曲でも書く予定!!ライヴでも使えると
ええけどねぇ(出落ちか?)
あ、ちなみに上記の写真はネットで拾ったもの。オバタのはコイツの黒ですな。

Mr.インクレディブル

incredibleswall.jpg
はいはい、見てきましたとも年末に〜。ご存知インクレディブルさんですわ。
このアニメを教えてくれたのは、奥村師匠にともに教えをこうた朋友、T村氏。
なんでも主人公の顔がオバタに似てるってんで(って、アゴ出てるから?)、
アメリカの映画のプロモサイトを教えてもらったんですが、そこで予告編を
見て以来、日本公開されたら劇場で見るべし!と思っておりました。
見に行ったのは暮も押し迫る27日月曜日。オバタにとっちゃ休日だった
この日、昼間っから箕面109シネマに行きましたとも。おかげでお母さん
同伴のチビッコ達のただ中でオッサン一人という有り様での「日本語版」
鑑賞でした。どしーっ!
まぁ、鑑賞環境は問題はあるものの、映画自体はモロオバタのストライク
ゾーン!最近中年化したせいか、妙に人情モンに弱いオバタには、あちら
こちらでo(–  )ググッっとくるところ連発でしたわ、いやホント。
加えて、今さらながらPIXERのCGの凄さにびびりました。いや、CGだけじゃ
なくて、デザインとしてメチャかっこええやんかいさ!エンディングなんて
ただもんやないで。お子さんにはもったいないです。ハイ。
てなことで、今年はちょいとPIXER関連の映画をチェックしなおそうと思っ
てる今日この頃です。

アホロートルのニューシングルCD

boinder.jpg
いやいや、ようやく寒くなったと思えば東京じゃバカ陽気と、まさに21世紀初頭にして
世紀末のありさまですが、みなさんお元気?オバタです。
えーここんところ忙しいフリ病再発で、またもやバタバタしてます。そんな合間をぬって
先月に引き続き今月もCDりりーすっ!!
実はもう一つユニットやってます。名前はaxolotl(アホロートル)。東京の盟友、篤ちゃん
といっしょにテクノポップをやっておりまして、今回はそのユニットのシングル第2段。
その名も「ボインダー/シルヴァーサーファー」。
オバタとしちゃあ、世代的には完全な「YMO世代」なので、昨今の殺人テクノはちょっと
聴けなくって、ならば自分達で自分達の聴きたいものを作ろうってのがアホロートルの
基本アイディアなわけです。
ってことで、その内容たるやまさにYMOへのオマージュ。ほれほれ、そこの若いふりしてて
「ピコピコ」が忘れられないアナタっ!一度でいいからアホロートル、聴いたんさい。損はさせ
ませんぜ、げっへっへ〜(キャラ分裂過ぎっ!)
ちなみにこのユニットで、来る12月11日に大阪でライブに出演します。あ〜詩書かなアカン・・・orz
あ、そのライブイベント、告知しとこ。是非とも皆さまお越しくださりませり。
———————————————————————–
龍江龍福 特別編輯 大坂-東京旅行
★大坂興行 二千四年十二月十一日土曜日
開場:
午後四時三十分 料金:千五百円含一飲料
会場:
UK Brighton gallery space
大阪市浪速区幸町一丁目二番地三十六号ニ階
06-6562-6969
http://www.uk-brighton.com/
Live :
action directe、anatakara aiwo,、axolotl,、PlanetJuice, イマニシレイコwith クボタテツ VJ:RyuBros.

キューティーハニー

n_622vpbt12217ps.jpg
今さらながら見ました。キューティーハニー。
実は劇場で見たい見たいと思っていたのもつかの間。あっという間に公開が
終わってしまって悔しい思いをしたものです。オバタの見たいと思う映画、
どうもすぐ終わっちゃうんですよ。「嗤う伊右衛門」もそうだったもんな〜。
で、最近DVDがレンタルで出だしたので早速喜びいさんで見たわけですよ。
いやいや、思った以上におもろかったーっ!いいなー。こういう今的なバカで
純情な感じ!
「エヴァンゲリオン」の庵野監督の作品でありますが、きっちりとそのあたりの
ニオイもしてまして、かつ映像的にもストーリーにビッタシきたもんであります。
「昔友人に見せてもらったゼネプロの一連のアニメや特撮ものの香り」ってのを
感じたのはオバタの歳のせいでしょうかねぇ〜。

児童の連れ去り事件に太阪府警対応

近ごろ頻発する小学生の連れ去り未遂事件に対応するべく、太阪府警は
連れ去り未遂に遭遇した児童を府内の北部、中部、南部に分類し、それぞれ
赤、黄、青に顔面を塗りたくり、その顔写真をホームページで公開した。
「連れ去り事件の防止に繋がれば」と府警担当者はコメントしている。
〜2004年11月25日読日新聞

続きを読む 児童の連れ去り事件に太阪府警対応